ロケ弁コンテスト

※現在募集はしておりません

コンテスト概要

【タイトル】
   
「さぁ来い、ハリウッド!ロケ弁コンテスト」

【キャッチコピー】
   
「あなたの“腕”と“愛情”で映像関係者をおもてなし」

【賞金】
   
各部門 最優秀賞 5万円 (5万円×5部門)

【応募特典】
   ロケ弁コンテストエントリーされた方対象に、ロケ現場見学のツアー実施!

【審査員】
   原田眞人監督、ハリ!プロ実行委員会、ロケ弁コンテスト実行委員会 他 多数


各部門の詳細はこちら

注意事項

※ 全ての部門において、応募は未発表作品に限ります。
※ 一口一作品としてご応募ください。
※ 全ての応募作品にはタイトル、コメント等をおつけください。これらも審査上のアピールポイントとなります。
※ 全ての応募者は11月1日(日)に沼津市民文化センターで行われる本選に参加可能な方に限らせていただきます。

応募の手順

(1) 申し込み用紙を郵送・FAXまたはE-MAILでエントリー 
(2) 事務局より応募用紙が到着!
(3) ロケ現場を見学(希望者のみ)
(4) 料理を作る
(5) 作った料理を撮影
(6) 応募用紙に写真を添えて、郵送・FAXまたはE-MAILを送る

応募規約

※ お弁当又は料理の画像・写真・応募用紙等の返却はいたしません。
※ コンテスト本選出場に関する費用は、部門別に決めた金額をお支払いさせていただきます。
※ コンテスト本選の参加にかかる交通費等は自己負担とさせていただきます。
※ レシピ、アイディア及び応募写真、コメント等の著者権は「さぁ来い、ハリウッド!大作戦 ロケでまちが元気になるプロジェクト」実行委員会に帰属します。
※ 応募作品はポスター、リーフレット、ホームページ上で紹介させていただくことがあります。
※ ロケ現場見学は、撮影スケジュールの関係から、場所・日時等指定できませんのでご了承ください。

コンテスト スケジュール

7月12日(日) エントリー開始 
※申込書にて
9月20日(日) エントリー締め切り 
※申込書
9月30日(水) 応募締め切り
※写真・応募用紙
10月3日(土) 書類審査
10月中旬 本選参加者説明会
※書類査後連絡いたします。
11月1日(日) ロケ弁コンテスト本選
沼津市民文化センター
11月23日(月・祝) 受賞式

コンテスト 本選出場者

おめでとうございます。見事一次審査(書類審査)をくぐり抜けた26名をご紹介します。北は東京から南は山口まで。20才~63才までの方々が11/1本審査にのぞみます。

●お魚コース   
F203 浜田 守 41 静岡県沼津市
F235 八木 三千男 48 三島市
F240 丸山 美千代 45 静岡県沼津市
F245 草開 一 57 沼津市
F269 笹俣 江梨子 47 三島市
F276 渡辺 香織 21 富士市
   
●野菜コース   
V216 櫻井 亜紀 20 静岡県富士市
V218 植松 洋史 38 静岡県伊豆市
V220 丸山 美千代 45 静岡県沼津市
V243 米村 佳奈子 27 東京都稲城市
V250 香山 雅子 42 沼津市
V272 松本 江里子 31 富士市
   
●お肉コース   
M206 原 欣資 56 静岡県沼津市
M222 堀田 成郎 43 静岡県沼津市
M230 林 芳郎 63 沼津市
M260 関野 まゆみ 47 沼津市
M263 落合 正浩  三島市
   
●ケータリングコース   
C210  沼津東急ホテル   担当:渡邊和彦 47 静岡県沼津市
C215 KAYA-KAYA     担当:八川謙一 35 静岡県賀茂郡松崎町
C229 TONY'S HONOLULU 沼津店 担当:青嶋 44 沼津市
C237 ル・ジャスマン      担当:八木三千男 48 三島市
C267 クチーナ・クオーレ    担当:石田知也 29 三島市

■ロケ弁コンテスト 10月9日一次審査の模様
ロケ弁コンテスト審査

コンテスト 最優秀賞決定!

11/1(日)沼津市民文化センター しずおか国民文化祭「映像文化フェスティバル」の同会場にて、ロケ弁コンテスト本審査を開催しました。

当日は、一般審査の100名による審査と特別審査員、審査員による「見た目」「味」による試食と審査が行われました。

ロケ弁部会では、弁当の販売に向けた商品開発を行っていきます。加えて、ホームページに実際のお弁当も紹介していきますね。

■最優秀賞決定!
・お弁当部門
 愛情いっぱいコース: 最優秀賞 
 タイトル: 「シャンパンに合うランチ」  小口 昭宣様 (静岡県富士市)

・腕自慢コース お肉メインコース: 最優秀賞 
 タイトル: 「富士山香り弁当」 落合 正浩様(静岡県三島市)

・腕自慢コース お魚メインコース: 最優秀賞
 タイトル: 「昆布〆鯵弁当」 浜田 守様(静岡県沼津市)

・腕自慢コース 野菜メインコース: 最優秀賞
 タイトル: 「箱根西麓野菜たっぷり弁当」 米村 佳奈子様(東京都稲城市)

・ケータリング部門: 最優秀賞
 タイトル:「手作りフレンチ・駿河湾プロバンス風」 ル・ジャスマン (静岡県三島市)

■本審査参加者の記念写真撮影はこちら
本審査参加の皆様>>大変遅くなりました。写真をアップしました。記念のお写真をダウンロードできます。
※尚、一定期間を過ぎましたら、ダウンロードスペースを閉鎖しますので、お早めに…。

記念写真撮影をダウンロードする

 

本審査1
弁当部門本審査参加者
本審査2
ケータリング部門本審査参加者
本審査3
ロケ地オーナーも募集してます
 本審査4
特別審査員の原田眞人監督と渡辺周さん
 本審査5
一般審査員100名が並ぶ。ご協力ありがとう
 本審査6
色とりどりのケータリング料理
 本審査7
審査シートを手にまずは見た目から
 本審査8
しずおか国文祭、押井守監督と原田眞人監督
 本審査9
会場はこんなつくり
 本審査10
コック帽の調理人さん達が絵になります
 本審査12
ハワイアン料理のケータリング
 本審査11
一般審査員が真剣に審査!
 本審査13
ケータリング料理を試食中
 本審査14
看板とのぼり旗もつくったよ
 本審査16
半仕込み食材を会場で最終調理
 本審査15
黄色ジャンバーは沼津商工会議所職員さん
 本審査18
ロケ弁ステッカー貼付でハリプロスタッフ識別
 本審査17
「順番にならんでくださ~い」
 本審査20
無言でもくもく料理を切り分けます
 本審査21
沼津プロレスも一般審査で駆けつけてくれた
 本審査22
ロケ弁部門は会場内で審査です
 本審査23
コンテスト参加者も試食をします

600枚の写真と映像記録を撮りましたが、一部のみご紹介しました。
コンテスト参加者:ご家族、スタッフも入れて約70名。審査員:特別審査員、一般審査員100名、ふつーの審査員 約140名。協力:ATGネット、国民文化祭ボランティアスタッフの皆さん、来場者の皆さん、ブース出展の皆さん、グランドで野球試合をしていた皆さん他。マスコミ:6名。運営スタッフ:ハリプロメンバー、NPO法人フィルム微助人サポーター会員&エキストラ、沼津商工会議所 約60名。巷で言われる協働ってやつですね。立場の異なる総勢300名の皆さんのご協力により大成功をおさめました。ありがとうございます。引き続きロケ弁事業は次のステップに進めます。応援くださいね。

尚、この日の模様は、以下のマスメディアにてご報道を頂戴しました。ありがとうございます。
・あさひテレビ ・テレビ静岡 ・ビック東海 ・静岡新聞 ・毎日新聞